居抜きのポイント|不動産会社を利用して中古物件を購入|外構工事の理解

不動産会社を利用して中古物件を購入|外構工事の理解

女性

居抜きのポイント

住宅模型

居抜きのまま店舗を譲渡する傾向

最近、店舗の居抜き譲渡の傾向が増加しています。譲渡する側にもされる側にもメリットがあることから、居抜き物件を仲介する専門業者も誕生しています。居抜き店舗の最も大きなメリットは、双方にとってコスト削減が可能になることです。譲渡する側は、テナントオーナーとの契約上、原状回復の義務を負っているはずです。したがって、退去の際には、物件をスケルトン状態に戻す義務を負っています。この作業にはかなりの費用が掛かります。他方、譲渡される側にとって、居抜き店舗の基本的な設備や造作をそのまま利用できることから、店舗開設にかかる費用のかなりの部分を節約することが可能になります。ただし、その基本となるのは、オーナーが有償無償に関わらず、借主が第三者に譲渡することを契約上認めているかどうかです。この点を最も注意しなければなりません。

店舗の譲渡に際してのポイント

他にも、機器類のリース残存期間の有無、あるいは譲渡される設備類の故障の有無など、細かい注意点はいくつかあります。一般論として、どのような店舗であれ集客が最も重要な基本です。集客にとって重要な要素の一つに立地条件があります。業態によっては立地がすべて、といわれる場合もあります。したがって、立地がよく店舗状態のいい物件は、それだけで人気があり、すぐに譲渡先が現れます。したがって、条件のいい物件を探すには、とにかく情報をだれよりも早く入手する必要があります。そのため、業界の情報の動きには常にアンテナを張った状態しておき、様々なルートから居抜き物件の情報を集めるように努めることが重要です。不動産屋に任せるのではなく、独自の情報ルートを開拓し、いち早く優良物件のニュースが手に入るような態勢を作っておくことが大切です。